TOP貴志園の紹介理念・沿革交通案内お問い合わせ職員募集
相談センター ゆいまーる
ゆいまーるアイコン綾瀬市在住の身体・知的・精神障害をお持ちの方の在宅福祉相談を行っています。

相談センターゆいまーる(相談支援事業所)は、障害のある方が安心して日常生活を送るために 不安や悩みを聞きながら一緒に考え、
必要な情報提供等のサポートを行っています。
また、関係者を含めたネットワークづくりのために連絡会や研修会などを企画しています。


綾瀬市委託事業 >>綾瀬市を対象

綾瀬市在住の障害のある方の生活全般に関する相談を行っています。
相談窓口は、月~金曜日に市役所に相談員を配置し受け付けています。
また、自立支援協議会の事務局や連絡会や研修会なども企画し、地域で住みやすいネットワークづくりを進めています。

○綾瀬市障がい者相談業務 ○綾瀬市障がい者就労支援事業 ○綾瀬市基幹相談支援センター業務 ○綾瀬市障害支援区分認定調査

神奈川県委託事業 >>綾瀬市を対象

ピアサポーター(当事者の方)と一緒に病院訪問や勉強会などを通して地域移行や精神障害に対しての普及啓発をしています。
また、相談支援事業所やサービス提供事業所等のネットワーク作りや人材育成として連絡会や研修会、
関係機関の協議会などを実施しています。

○精神障害者地域移行・地域定着支援事業 ○県央障害保健福祉圏域地域相談支援ネットワーク形成事業

指定事業 >>綾瀬市を対象

総合支援法内のサービスを利用するときに必要な「サービス等利用計画」の作成をしています。
作成後は、定期的なモニタリングを行いサービスなどの調整を一緒に行います。
また、施設や病院から地域での生活(一人暮らしやグループホーム)への移行のサポートや移行後に安心して生活を続けられるように
サポートをしています。

○指定特定相談支援事業(サービス等利用計画) ○指定一般相談支援事業(地域移行支援事業・地域定着支援事業)

ゆまーるイメージ








◎ゆいまーるとは、「結い」を表す沖縄の言葉で
 結びつきや助け合い、協力し合いなどを意味します。



**************************************************************

【かながわピネル賞について】
ゆいまーるでは「神奈川県精神障害者地域移行・地域定着支援事業」を県から委託を受けています。
この事業は、主に精神科病院に入院している患者へ向けた退院支援のための普及啓発を中心に活動をする内容です。
平成21年から委託を受け、精神障害の当事者の方をピアサポーターとして育成し、一緒に病院訪問や家族教室、研修会などで
体験談を発表し、精神障害についての理解を伝えています。
現在はピアサポーター15名登録しており、毎月定例会を開催し活動内容など検討をしています。

ピネル賞この取り組みを続けてきたことで、平成26年12月に
「かながわピネル賞」
を受賞する事が出来ました。
ゆいまーるが受賞できた事をとても光栄に思います。
受賞できたのも、ピアサポーターや病院関係者、家族会、市役所など様々な方のご協力を
いただけたからだと思っています。
光栄な賞を頂いたことで、さらに今後も地域に向けての普及啓発や入院患者に向けた普及啓発を
頑張っていきたいと思っています。

かながわピネル賞とは、地域の精神保健分野における調査、研究、実践において貢献した団体に対して授与される賞です。
毎年2団体表彰されているとの事です。
ちなみに「ピネル」とは、18世紀フランスの精神科医フィリップ・ピネルの名前からとったもので、
「精神病患者を鎖から解き放った」初めての医者として知られています。
TOPサイトマップお問い合わせ|リンク



社会福祉法人 唐池学園【貴志園】〒252-1124 神奈川県綾瀬市吉岡2381-1 (代表)TEL.0467-78-4178 FAX.0467-76-6202

Copyright© 2011-2017 TAKASHIEN. All Rights Reserved.